Home 入試

平成30年度 前期課程入試の出題範囲

注意:以下の出題範囲に関する情報は平成30年度博士課程前期課程入試に関するものです.

入学試験に関する情報については,情報学研究科の「入学試験 総合案内」のページも参照してください.

試験出題科目
形式論理学
哲学基礎
社会情報学の諸問題
環境考古学
文化財科学
電子社会システム
知能情報処理
マス・コミュニケーション研究
国際関係論

情報哲学論講座関連科目からの大学院受験用参考書リスト

・戸田山和久(2000)『論理学をつくる』名古屋大学出版会
・伊藤邦武(2012)『物語 哲学の歴史』中公新書
・伊勢田哲治(2003)『疑似科学と科学の哲学』名古屋大学出版会
・品川哲彦(2015)『倫理学のはなし』ナカニシヤ出版
・R.ステッカー(2013)『分析美学入門』(森功次訳)勁草書房
・小笠原弘親・小野紀明・藤原保信(1987)『政治思想史』有斐閣
・西垣通・伊藤守編著(2015)『よくわかる社会情報学』ミネルヴァ書房
・西本豊弘・新美倫子編(2010)『事典 人と動物の考古学』吉川弘文館
・西本豊弘編(2008)『人と動物の日本史 1動物の考古学』吉川弘文館
・設楽 博己編(2015)『十二支になった動物たちの考古学』新泉社

情報社会設計論講座関連科目からの大学院受験用ガイド

・インターネットやWeb及びCG/VR/AR各分野における技術的ならびに応用分野に関する基礎知識を問います.また,電子商取引,電子政府,デジタルミュージアム,ITを活用した教育,オープンデータ,オープンガバメントなど,電子社会システムを構成する事例についての考察能力を問います.
・パターン認識に関する基礎知識や識別・学習アルゴリズムを用いて具体的な問題を解決する能力を問います(参考書:石井健一郎「わかりやすいパターン認識」、オーム社).

グローバルメディア論講座関連科目からの大学院受験用ガイド

・小野善邦編『グローバル・コミュニケーション論』世界思想社、2007年
・井上俊他編『メディア・情報・消費社会』世界思想社、2009年
・浜田純一他編『新訂 新聞学』日本評論社、2009年
・原彬久編『国際関係学講義』第5版、有斐閣、2016年
・久米郁男他編『政治学 補訂版』有斐閣、2011年
・加藤秀治郎・岩渕美克編『政治社会学』第5版、一藝社、2013年

このほか、グローバルメディア論講座のホームページ内「募集案内2018」を参考にしてください。